医薬品と化粧品の中間|薬用化粧品の効果と成分

肌を痛めない洗い方

洗顔

洗顔をするときは、皮脂を取りすぎないように水の温度に気をつけて洗いましょう。また、しっかりと泡立ててから洗い、すすいだ後はゴシゴシと拭かずに優しく水分を取る位にします。そうする事で、乾燥を防ぎシワの出来にくい肌になります。

もっと見る

肌の保護効果に優れます

鏡を見る女性

アトピー性皮膚炎で重要になるのは毎日の保湿ケアです。この保湿ケアに最適なのが、セラミドやヒアルロン酸などの成分が配合されている基礎化粧品です。セラミドやヒアルロン酸は人間の体にもある成分なので、患部を刺激することなく保湿ケアが行えるのでお勧めの商品となっています。

もっと見る

維持と改善の違い

微笑む女性

美白を実現したいときには維持とシミの改善のどちらを目的とするかで化粧品選びをすることが大切です。予防効果と改善効果では役立つ成分が異なるからであり、改善を目指す場合にもメカニズムによってかかる時間が異なります。

もっと見る

それぞれの特徴

スキンケア

ニキビ肌の方向けの化粧品や、美白化粧品によく薬用化粧品と表記してあるのをご存知でしょうか。薬用化粧品は、普通の化粧品とは違うんです。また、医薬品とも違います。薬用と名のつくものは、医薬部外品とも呼ばれています。薬用化粧品は、医薬品と化粧品の中間のものだと考えていただければわかりやすいかと思います。医薬品は、処方箋を出してもらったり、薬剤師などの説明がないと購入できないことが多いです。医薬品に分類されているものには、毒性が強い成分や有効成分が多く含まれています。また、化粧品には有効成分は含まれていません。薬用化粧品には、有効成分が少し含まれています。そして、薬剤師などの説明を受けなくても購入することができます。ですから、薬用化粧品は人気となっています。

薬用化粧品には、化粧水やクリームだけでなく、リップクリームやハンドクリームもあります。薬用と表記されていると、なんだか安心感があるという方も少なくないのではないでしょうか。薬用化粧品には、有効な成分が含まれていますので、おすすめです。医薬品は、より効き目が良いといえますが、購入の際にめんどうだと感じる方も多いようです。また、普通の化粧品も全く効果がないわけではありません。化粧品は、効果が期待できるとされる成分が含まれています。ただし、効果があると謳うことは禁止されています。しかし、なによりも大事なことは、ご自分に合うものかどうかではないでしょうか。パッチテストを行い、ご自分に合った化粧品を見つけることをおすすめします。